福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

ごあいさつ

悪夢のような福島原発事故か6年。未だに被害は続き、その回復は果たされていません。
福島原発事故で埼玉県に避難してきた被災者は、かけがえのない故郷を追われ辛い避難生活を強いられています。国と東電を相手どった損害賠償請求訴訟「福島原発さいたま訴訟で」では、30世帯99名の方々が闘っています。

「福島原発さいたま訴訟を支援する会」は、このような被害を2度と繰り返させたくない、と裁判に立ち上がった原告の方々を支え、裁判を支援していくための活動をしています。

 代表 北浦 恵美

更新状況

2020年2月1日
■感染予防のため中止■「九年の痛み-原発事故による被害者の精神的苦痛-」講演会
2020年2月1日
署名の集約状況について(随時更新)
2019年12月26日
2020/3/25(水)開廷福島原発事故責任追及訴訟 第29回 口頭弁論のおしらせ
2019年12月4日
福彩支援ニュース 第27号:2019/10/9 第27回期日・原告側意見陳述「復興が順調に進んでいる」などとする、実態とかけ離れた東電主張への原告側反論を陳述
2019年11月14日
2019/12/25(水)福島原発事故責任追及訴訟 第28回 口頭弁論のおしらせ
› more

最新の記事

■感染予防のため中止■「九年の痛み-原発事故による被害者の精神的苦痛-」講演会

3月1日(日)に開催予定の本講演会は、新型コロナウィルスの感染拡大を重くみて急遽中止させていただくことにいたしました。間際のご案内となり、ご来場を予定されておりましたみなさまには心よりお詫び申し上げます。 何卒理解のほど、よろしくお願いいたします。
  • 日時
    2020/3/1(日) 14:00~16:00 中止いたします
  • 場所
    市民会館うらわ
    〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-22
    TEL 048-822-7101

  • 内容
    ・インタビュー 辻内先生に聞く
    ・福島原発さいたま訴訟弁護団よりの報告
  • 講演
    辻内 琢也 氏
    早稲田大学災害医療人類学研究所 所長
    早稲田大学 人間科学学術院健康福祉科学科 健康・生命医科学研究領域 教授
    東日本大震災における心療内科医の役割を多岐にわたる視点から考察
    現在、災害支援・復興支援・震災・原発事故避難者サポートを研究のテーマに早稲田大学でゼミを開催
  • 資料代
    500 円
  • 主催
    「九年の痛み」講演会実行委員会
› more