福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

ごあいさつ

悪夢のような福島原発事故か6年。未だに被害は続き、その回復は果たされていません。
福島原発事故で埼玉県に避難してきた被災者は、かけがえのない故郷を追われ辛い避難生活を強いられています。国と東電を相手どった損害賠償請求訴訟「福島原発さいたま訴訟で」では、30世帯99名の方々が闘っています。

「福島原発さいたま訴訟を支援する会」は、このような被害を2度と繰り返させたくない、と裁判に立ち上がった原告の方々を支え、裁判を支援していくための活動をしています。

 代表 北浦 恵美

更新状況

2018年10月15日
福彩支援ニュース 第22号:2018/7/25第22回期日 原告側、7名の個別損害準備書面を提出
2018年8月31日
署名の集約状況について(随時更新)
2018年7月30日
2018/10/31(水)福島原発事故責任追及訴訟 第23回 口頭弁論のおしらせ
2018年7月29日
2018年7月25日 福島原発さいたま訴訟第22回口頭弁論期日報告
2018年7月26日
7月25日期日の報告~次回10月31日期日のお知らせ
› more

最新の記事

福彩支援ニュース 第22号:2018/7/25第22回期日 原告側、7名の個別損害準備書面を提出

国側、「事故の予測は不可能だった」と責任を否認

※画像をクリックするとPDF表示されます

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第22号」が発行されました。

内容は下記の通りです。

  • 第22回期日(2018/7/25)報告
  • 代理人意見陳述:2018年5月16日 福彩訴訟第21回期日
  • 福彩訴訟の現状について:松浦弁護士(原告側)
  • 原発避難訴訟における「慰謝料」について
  • 各地の原発避難訴訟に関する情報
  • 第11回原告交流会(2018/7/25)に寄せられた原告の皆さまのお便りから
  • 編集後記

次回期日(第23回)も、ぜひ傍聴にお越しください!

2018年10月31日(水)14:00開廷です。

*傍聴ご希望の方は13:20までにさいたま地裁B棟前にお越し下さい。

› more