福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

ごあいさつ

悪夢のような福島原発事故から4年。
福島原発事故で埼玉県に避難してきた5,500名を超える被災者は、かけがえのない故郷を追われ辛い避難生活を強いられています。国と東電を相手どった損害賠償請求訴訟「福島原発さいたま訴訟」は、2015年1月の第2次提訴と合わせ、原告の人数が13世帯46名となっています。

「福島原発さいたま訴訟を支援する会」は、このような被害を2度と繰り返させたくない、と裁判に立ち上がった原告の方々を支え、裁判を支援していくための活動をしています。

 代表 北浦 恵美

最新の記事(3件)

福彩支援ニュース 第14号

<内容:8ページ>

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第14号」が発行されました。
PDFファイル形式で公開いたします。画像部分をクリックしてご覧下さい。

内容は下記の通りです。

原発事故の補償基準が自賠責保険に準じる?あり得ない原賠審の基準策定
次回期日は2017/3/22(水)!

  • 第14回期日(2017/1/11)報告
  • 第14回期日 原告代理人弁護士意見陳述書(全文)
  • 第4次追加提訴、支援する会事務局と新参加の弁護士さんとの交流会
  • 第6回「原告交流会」の報告
  • 「住宅支援は命づな」-支援継続を!
  • 本訴訟の争点1-津波の予見
  • 「公正な判決を求める署名」について
  • 編集後記

福島原発事故責任追及訴訟 第15回期日のおしらせ

今回も満員の傍聴で原告を応援しましょう。ぜひ傍聴にお運びください。

福島原発事故責任追及訴訟 第15回期日

  • 日時 平成29年3月22日(水) 15:00開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)

報告集会

  • 日時 平成29年3月22日(水)第15回期日 終了後
  • 会場 調整中

【3/5 さいたま市浦和】「太陽の蓋」自主上映会

画像をクリックするとPDF表示されます

福島原発う事故で故郷を追われ、埼玉県に避難した被災者の有志が、2014年3月、国と東電を被告とする損害賠償請求訴訟「福島原発さいたま訴訟(福彩訴訟)」を提訴しました。
福島原発関連の損害賠償訴訟は全国で28件が提訴され、原告は約1万2000人。
この3月には、群馬訴訟ではじめての判決が下され、さいたま訴訟も、国と東電の過失責任を追及する「責任論」から、被害の実態を検証する「損害論」へと進んでいます。
私たちは毎春、被害の実態と被災者の想いを知っていただきたく上映会と原告の声を聞く集いを開催しています。ぜひ今年もお運びください!

  • 日時
    2017/3/5(日)
    13:30 開場
    13:45 開演
  • 会場
    さいたま共済会館
    〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-5-14
  • アクセス
    浦和駅西口より徒歩約10分
  • 内容
    「太陽の蓋」(上映時間:2時間10分)
    2011年3月11日 午後2時46分。東日本大震災発生、福島第一原発は全電源を喪失し日本は消滅の危機にあった…。
    平然と原発再稼働に突き進む日本の政治と原発の現状を、いま一度、考えなおしませんか。

    *映画終了後に、福島原発さいたま訴訟 原告からのアピールがあります。

  • 料金
    999円
  • 主催
    『太陽の蓋』上映実行委員会
  • 後援
    埼玉弁護士会
  • チケット予約・お問い合わせ
    TEL 090-5406-6100(森)
    TEL 048-829-7400(SSN 愛甲)
    MAIL apply[at]fukusaishien.com
    *[at]を@にかえてご利用ください
› more

記事一覧

› more