福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

ブログ

【3/5 さいたま市浦和】「太陽の蓋」自主上映会

画像をクリックするとPDF表示されます

福島原発う事故で故郷を追われ、埼玉県に避難した被災者の有志が、2014年3月、国と東電を被告とする損害賠償請求訴訟「福島原発さいたま訴訟(福彩訴訟)」を提訴しました。
福島原発関連の損害賠償訴訟は全国で28件が提訴され、原告は約1万2000人。
この3月には、群馬訴訟ではじめての判決が下され、さいたま訴訟も、国と東電の過失責任を追及する「責任論」から、被害の実態を検証する「損害論」へと進んでいます。
私たちは毎春、被害の実態と被災者の想いを知っていただきたく上映会と原告の声を聞く集いを開催しています。ぜひ今年もお運びください!

  • 日時
    2017/3/5(日)
    13:30 開場
    13:45 開演
  • 会場
    さいたま共済会館
    〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-5-14
  • アクセス
    浦和駅西口より徒歩約10分
  • 内容
    「太陽の蓋」(上映時間:2時間10分)
    2011年3月11日 午後2時46分。東日本大震災発生、福島第一原発は全電源を喪失し日本は消滅の危機にあった…。
    平然と原発再稼働に突き進む日本の政治と原発の現状を、いま一度、考えなおしませんか。

    *映画終了後に、福島原発さいたま訴訟 原告からのアピールがあります。

  • 料金
    999円
  • 主催
    『太陽の蓋』上映実行委員会
  • 後援
    埼玉弁護士会
  • チケット予約・お問い合わせ
    TEL 090-5406-6100(森)
    TEL 048-829-7400(SSN 愛甲)
    MAIL apply[at]fukusaishien.com
    *[at]を@にかえてご利用ください

第4次追加提訴、支援する会事務局と新参加の弁護士さんとの交流会

12月13日(火)福島県の双葉町や飯舘村などから避難されている方を中心に避難区域内からの避難者10世帯24人の方が追加提訴、新たに原告の仲間に加わりました。これまでの原告と合わせて30世帯99人となりました。今回の第4次追加提訴と同時に、7名の若手弁護士の方々が新たに弁護団に加わり、総勢23名に体制が強化されました。1月11日第13回期日では、新しく訴訟に加わった方が原告として意見陳述される予定です。

書類を提出した後、弁護団事務局からの提案で追加提訴の事務手続きに参加された新しい弁護士さんと支援する会事務局との交流会を行いました。どなたもはつらつとした若手の方々で、自己紹介を兼ねて原発問題や原発事故への思いに触れ訴訟への抱負を熱をこめて話されました。

この日の交流では、裁判の流れが後半に差し掛かり、原告の被害を具体的に立証する証人尋問が今後の山場になること。裁判官に現場の被害状況を実際に見てもらう現場検証が大事なポイントになることが話題になりました。新たに裁判に加わられた弁護士さんたちには、この現場検証の件を担当してもらうことになるとのことでした。現在進行中の公正な判決を求める署名は、この現場検証を求める時点で裁判所に提出するのが効果的ではないかという話もありました。

福彩支援ニュース 第13号

<内容:8ページ>

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第13号」が発行されました。
PDFファイル形式で公開いたします。画像部分をクリックしてご覧下さい。

内容は下記の通りです。

責任論の議論を尽くし、焦点は「損害論」へ
次回期日は2017年1月11日(水)!

  • 第13回期日(2016/10/5)報告
  • 第13回期日 原告代理人弁護士意見陳述書(全文)
  • 福彩訴訟・第4次追加提訴が、12/13に合流
  • 群馬訴訟10/31に結審、3月に判決
  • 第1回「拡大原告交流会」の報告
  • 「公正な判決を求める署名」活動について
  • 被災者への「社会的虐待」とは
  • 「太陽の蓋」自主上映会 2017年3月5日(日)さいたま共済会館

「福島原発さいたま訴訟・公正な判決を求める署名」引き続き集約中

FSshomei1606

画像をクリックすると署名用紙がPDF表示されます

署名協力のご依頼文(PDF)はこちらをクリック

2016/9/30に第一次集約をさせていただきましたが、引き続き募集を継続しております。署名活動にご協力をお願いいたします。

署名の詳細はこちらのページをご参照ください。

福島原発事故責任追及訴訟 第14回期日のおしらせ

今回も満員の傍聴で原告を応援しましょう。ぜひ傍聴にお運びください。

福島原発事故責任追及訴訟 第14回期日

  • 日時 平成29年1月11日(水) 15:00開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)

報告集会

  • 日時 平成29年1月11日(水)第14回期日 終了後
  • 会場 調整中

福彩支援ニュース 第12号

12

<内容:8ページ>

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第12号」が発行されました。
PDFファイル形式で公開いたします。画像部分をクリックしてご覧下さい。

内容は下記の通りです。

原発への段階規制論を手前勝手に解釈する国を原告弁護団が厳しく糾弾

  • 第12回期日(2016/8/10)報告
  • 第12回期日 原告側弁護士意見陳述書1(全文)
  • 第12回期日 原告側弁護士意見陳述書2(全文)
  • 第5回「福彩訴訟原告交流会」
  • 「拡大原告交流会」への参加のお願い
  • 「自己責任」で避難者に生活再建を強いる、国と東京電力の“無責任”

福島原発事故責任追及訴訟 第13回期日のおしらせ

今回も満員の傍聴で原告を応援しましょう。ぜひ傍聴にお運びください。

福島原発事故責任追及訴訟 第13回期日

  • 日時 平成28年10月5日(水) 15:00開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)
  • 傍聴 傍聴希望の方は、地裁B棟前に14:20までにお越し下さい

報告集会・総会

  • 日時 平成28年10月5日(水)第13回期日 終了後
  • 会場 埼玉総合法律事務所 3階 会議室(地裁より徒歩3分)

福島原発事故責任追及訴訟 第12回期日のおしらせ

今回も満員の傍聴で原告を応援しましょう。ぜひ傍聴にお運びください。

福島原発事故責任追及訴訟 第12回期日

  • 日時 平成28年8月10日(水) 15:00開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)
  • 傍聴 傍聴希望の方は、地裁B棟前に14:20までにお越し下さい

報告集会・総会

  • 日時 平成28年8月10日(水)第12回期日 終了後
  • 会場 埼玉総合法律事務所 3階 会議室(地裁より徒歩3分)

福彩支援ニュース 第11号

11

<内容:8ページ>

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第11号」が発行されました。
PDFファイル形式で公開いたします。画像部分をクリックしてご覧下さい。

内容は下記の通りです。

東電代理人の理不尽な要求を、原告弁護団と裁判所が一蹴。
意見陳述で被告を厳しく批判

  • 第11回期日(2016/6/22)報告
  • 第11回期日 原告側弁護士意見陳述書(全文)
  • 第4回「福彩訴訟原告交流会」
  • 福彩訴訟-これからの展望
  • 8/10福彩訴訟期日と福彩支援・年次総会のお知らせ
  • 福彩訴訟の経緯と活動報告

「福島原発さいたま訴訟・公正な判決を求める署名」ご協力のお願い

FSshomei1606

画像をクリックすると署名用紙がPDF表示されます

署名協力のご依頼文(PDF)はこちらをクリック

福島原発事故によって、多くの人々の生活が根底から奪われる、という未曾有の被害が引き起こされました。
福島原発さいたま訴訟は、福島県から埼玉県へ避難されてきた、20世帯68名の原告の方々が、事故を引き起こした東電と国に対し、①その責任を明らかにすること、②正当な被害賠償、③再発の防止、を求める裁判です。

「私たちは、何気ない日常を一瞬にして滅茶苦茶にされました。」

裁判所が、この被害の甚大さに真正面から向き合って正義の判決を出すことを求め、署名を集めることとなりました。皆様のご協力をお願いいたします。
 
これから、原告の皆さんと弁護団の闘いは、正念場を迎えます。
裁判では、一人ひとりの被害に向き合い、事故の責任を追及する丁寧な主張を積み重ねています。ふるさとを奪われ、これまで歩んできた人生が突然、崩されました。このような被害は、未だかつてないものです。司法の場で、一人一人の権利がないがしろにされるようなことがあってはなりません。
この判決に多くの人々が注視し、公正な判決を求めていることを裁判所に示すために、たくさんの署名を集めたいと思っています。

署名第1次集約は9月末とします。
改めて、皆様に署名のご協力をお願いいたします。

署名へのご協力について

1. 署名用紙を必要枚数印刷をお願いいたします。

2. 賛同いただける方のフルネーム、ご住所をご記入ください。
※印鑑は押さないでください
※全行埋まっていなくても大丈夫です
※取りまとめをされる団体があれば「取り扱い団体」に団体名をご記入ください

3. 下記「署名集約先」にご郵送、またはFAXのどちらかでお送りください。

署名集約先

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-1-303
震災支援ネットワーク埼玉 事務局
TEL 048-829-7400 FAX 048-700-3502

集約期日について

第一次集約:2016/9/30
第二次集約:締め切りを設けず引き続き募集しております。

お問い合わせ

福島原発さいたま訴訟を支援する会
お問い合わせはこちらをクリックしてください