福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

01月

2016年1月27日第9回期日報告~次回は2016年4月13日です!

2016年1月28日(水)の第8回期日(さいたま地方裁判所)は、傍聴席も皆様のおかげでほぼ満席となりました。
傍聴においで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

次回期日は4月13日(水)15時開廷です。
皆様の引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

第8回期日では、東電が本訴訟には関係ないとして、これまで提出するのを拒んできた
東電設計(株)が平成20年4月に作成した福島第1原発において、津波高が15mを超えることを予測した検討結果を示した書類が弁護団によって入手され、本裁判で証拠提出されました。

これは、東京電力株主代表訴訟において、東電が東京地裁に提出していたものですが、提出の際に、原告と証拠秘匿契約を結ぶことを条件としたため、これまで、一般に公開されていなかった文書です。

今回、東京地裁が保管する株主代表訴訟の証拠記録を、利害関係人として、原告ら代理人が開示を請求したのを受け東京地裁が、「開示するな」という東京電力の主張を退けて、開示したものです。

ここで明らかになることは、東電が、

  • 福島第1原発に、15mを超える津波高が予測していたこと
  • 非常用電源等が設置された建屋地下が水没することもまた予測されていたこと
  • この検討結果を受けた会議録には「津波対策は不可避である」との認識も記載されていました。
  • それにもかかわらず、なんら対策をとってこなかったこと
  • そして、なおも、この重要な書類を一般に公開することを拒んでいること
  • 誰も責任をとることなく、今なお、自らの過失を明らかにする書類を秘匿し、これに誠実に向き合うことがない。それは被害者を冒涜するものである、

・・・と被害者の怒りを代弁する弁護団の力強い陳述が法廷でなされました

この証拠書類はこれから、全国の裁判で利用されることになる、ということです。

また、避難が当然の権利であり、原発事故によってふるさとを奪われるという未だかつてない被害を原告らに及ぼしたこと、その精神的損害は甚大なものであり、裁判所の公正な判断を求める陳述もなされました。

続けて行われた報告集会でも、各所の裁判の進行状況やお知らせも報告されました。

また、避難用住宅補助打ち切り撤回を求める署名の協力のお願いも原告からありました。
(署名用紙は下記にありますので合わせてご協力いただきますようお願いいたします)
http://fukusaishien.com/archives/472

これからも、皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

次回以降の期日

  • 4月13日(水)午後3時
  • 6月22日(水)午後3時

お知らせ:「日本と原発」の続編 「日本と原発 4年後』自主上映会のご案内

昨春の自主上映で好評を博した『日本と原発』に続き、監督・製作にあたった河合弘之弁護士が「日本の原発の全ての論点を論じ尽くた」という渾身の続編。

「福島原発さいたま訴訟」の原告・弁護団からも、裁判の経緯と意義についてのお話しをいただき、被害者の権利回復と日本の脱原発を深く考える企画としました。

みなさまのご参加を心よりお待ちしています!。

  • 日時:2016年 3月20日(日) 13:30 開場/14:00 開演
  • 会場: 市民会館うらわ(浦和駅西口より徒歩7分)
  • さいたま市浦和区仲町2-10-22
  • 料金: 前売 800円
  • 主催:『日本と原発 4年後』 上映実行委員会
  • 前売券申込/お問い合わせ先 090-5406-6100(担当:森)

福彩支援ニュース 第8号

2016-01-20_191820

<内容:8ページ>

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第8号」が発行されました。
PDFファイル形式で公開いたします。画像部分をクリックしてご覧下さい。

内容は下記の通りです。

第8回期日、第3次提訴が合流
胸を打つ女性原告の陳述に法廷の空気が一転
次回は1/27(水)15時開廷

  • 第8回期日(2015/11/25)報告
  • 第8回期日 原告意見陳述書(全文)
  • 第8回期日 原告代理人弁護士意見陳述(全文)
  • 「2015 原発事故被害者の切り捨てを許さない東京集会」報告
  • 「日本と原発 4年後」自主上映会(2016/3/20 市民会館うらわ)のご案内

 

 

福島原発事故責任追及訴訟 第9回期日のおしらせ

20160127

福島原発事故責任追及訴訟 第9回期日

  • 日時 平成28年1月27日(水)15:00開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)
  • 傍聴 傍聴希望の方は、地裁B棟前に14:20までにお越し下さい

報告集会・懇親会

  • 日時 平成28年1月27日(水)第9回期日 終了後
  • 会場 埼玉弁護士会館(さいたま地裁より徒歩5分)

寒い雨の降る中、11月25日の第8回期日に傍聴においで頂いた皆様、本当にありがとうございました

第8回口頭弁論で行われた原告の意見陳述は、本当に胸を打つものでした。

「避難生活は家族の棲む場所をばらばらにしただけでなく、家族の心までもばらばらにしてしまいました。…… 穏やかな日常、子育ての方針、誰にとっても当然の生活を、原発事故ですべて失いました」

勇気をもって自らの想い、被害の実態を真正面から語ってくださった言葉の一つひとつが、本当に重く響き、突き刺さりました。この法廷に立つまでに、どんなにつらい長い時を経たことか、そして、それを乗り越えることがどんなに大変だったことか。
さらに胸打たれたのは、続けて読み上げられた幼い娘さんの作文でした。
「私は地震と聞くと体が震えます。友達と別れなくちゃいけなくなった。ママの頭がおかしくなっちゃった」。
幼い子供たちはどんなに大変で不安で切ない想いをしたことでしょう。けれど、裁判後の報告集会で参加者から大きな拍手を受けたお母さんを見て、誇らしく思ったことでしょう。

政府や県の福島原発事故「収束」方針を、決して許してはなりません!

2017 年3 月以降、避難者への国や自治体の支援打ち切りが表明される中、避難者の状況は厳しくなる一方です。
闘う原告への何よりの励ましが満員の傍聴席。裁判所や被告への強いプレッシャーともなります。
次回期日も満員の傍聴で原告を応援しましょう。

みなさま、ぜひ傍聴にお越しください。