福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

08月

福彩支援ニュース 第6号

FSnews6

福島原発さいたま訴訟を支援する会が発行する会報「福彩支援ニュース 第6号」が発行されました。

PDFファイル形式で公開いたします。ぜひ、ご覧下さい。

内容は下記の通りです。

<内容:8ページ>

7/1 第6回期日 原告側弁護団 東電の恣意的な津波予測と全電源喪失への無策を厳しく追及!

次回期日は9/2(水) 14:30開廷

  • 訴訟代理人弁護士意見陳述(全文)
  • 福彩訴訟──これからの展望
  • 9/2福彩訴訟期日と福彩支援・年次総会のお知らせ
  • 福彩訴訟の経緯と活動報告 ( 2015/8/5現在)

PDFファイル:1.57MB

福島原発事故責任追及訴訟 第7回期日、報告集会と支援する会・年次総会のおしらせ

20150902chirashi(チラシのダウンロード:PDFファイル 378KB)

福島原発事故責任追及訴訟 第7回期日

  • 日時 平成27年9月2日(水)14:30開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)
  • 傍聴 傍聴希望の方は、地裁B棟前に14:00までにお越し下さい

報告集会と支援する会・年次総会

昨年6月の第1回期日で支援する会を結成して早1年。
次回期日終了後、報告集会と合わせて、支援する会の年次総会を行います。1年間の経過報告、会計報告、これからの活動方針について話し合います。ぜひ、ご参加ください。

  • 日時 平成27年9月2日(水)第7回期日 終了後~17:00まで
  • 会場 埼玉総合法律事務所 3階 会議室(地裁より徒歩3分)

呼びかけチラシはこちら(PDF)

7月1日の第6回期日では、雨天にもかかわらず48席の傍聴席をほぼ満席にすることができました!

第6期日において原告弁護団は、東電がさまざまな津波予想を恣意的に低く設定した欺瞞を論証する第11・12準備書面と、東電が全電源喪失を防ぐ対策(SBO対策)を怠っていたことを指摘する第13準備書面を提出し、それをもとに東電と国の責任を厳しく追及する意見陳述を行いました。

裁判後に行われた報告集会では、第3次追加訴訟への参加を検討されている避難者の女性が、切々とした思いを語られました。
「最初はとにかく忘れたいと思った。避難の是非をめぐって離婚し、外にも出られなくなった。でも、支援の方やいろいろな方の話を聞いて、私は何も悪いことしていない。黙ってちゃいけない。子供たちを守るために声をあげていこうと思いました」。
語られる言葉の一つひとつが、苦しくつらい経験の重みを持って心に迫りました。

2015年6月現在、全国18の裁判所で福島原発事故についての損害賠償請求訴訟が行われ、原告の数は1万人を超えています。

福島原発事故について十分な金銭賠償が行わなければならないことは当然ですが、全国で提訴されている訴訟の目標はそれだけではありません。

  1. 福島原発事故のような環境汚染を二度と起こさないようにすること
  2. 放射性物質と除去することによって環境を回復すること
  3. 被ばくによる健康被害対策、被害者の生活回復のための支援

上記3項目も重要な訴訟の目的です。

被害者への賠償も終了せず訴訟が継続している段階での政府や県の福島原発事故「収束」方針を、決して許してはなりません。

事故から4年、避難者の状況は厳しくなる一方です。故郷を追われ孤軍奮闘する原告への何よりの励ましが満員の傍聴席。裁判所や被告への強いプレッシャーともなります。

次回は、国と東電がこれまでの原告側の追及に対しての主張をしてくるということです。
次回期日も傍聴席をいっぱいにしましょう。ご支援、よろしくお願いいたします。

8月21日 福島被ばく訴訟 裁判傍聴のお願い

「福島原発事故責任追及訴訟」とは異なる裁判の情報をお知らせいたします。

20150821

※画像をクリックするとPDF表示されます

被ばくの責任を正面から問うため、前 双葉町長 井戸川克隆さんがおこした裁判です。

以下の日程で、裁判が開かれます。裁判の後,今後の決意・行動のご説明を申し上げる会(報告集会)が開かれます。ご関心のあるみなさまは、裁判の傍聴や報告集会へご参加ください。

裁判

  • 日時 2015/8/21(金) 14:00
    *傍聴希望多数で傍聴券配布となる可能性があり、その場合は、30分前には抽選が行われますので、お早めにお越しください。
  • 会場 東京地方裁判所 1階 101号法廷
       〒100-8920 東京都千代田区霞が関1-1-4

報告集会

  • 日時 裁判同日 15:00
  • 会場 弁護士会館(東京)5階(裁判所の隣)
       〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3

アクセス

※両会場とも同じです。

  • 東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口より直通 A1出口より徒歩2分 C1出口より徒歩3分
  • 東京メトロ有楽町線「桜田門駅」 5番出口より徒歩8分
  • 都営三田線「日比谷駅」 日比谷公園を通り徒歩8分
  • JR「有楽町駅」 日比谷口よりお堀沿い徒歩10分

  • 内容

    井戸川前双葉町町長の意見陳述等
    ※この事件の最初の裁判の日です。是非とも裁判所と報告集会にご出席ください!

    井戸川さんのコメント

    「絶対安全」と言われていた原子力発電所。その原子力発電所は,私たちのふるさとを奪う存在になりました。3月12日,私たちは原子力発電所から出た「死の灰」を浴びました。今も私たちの故郷は,「汚染」されたままです。 安全なふるさとを奪った国・東電を許さない!許せない!

    お問い合わせ・担当事務局

    〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4F
    埼玉総合法律事務所
    事務局長 弁護士 猪股正さん
    TEL 048-862-0355
    FAX 048-866-0425