福彩支援

TEL.048-960-0591

〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F(みさと法律事務所内)

福島原発事故責任追及訴訟 第10回期日のおしらせ

福島原発事故責任追及訴訟 第10回期日のおしらせ

20160413

※画像をクリックするとPDF表示されます

福島原発事故責任追及訴訟 第10回期日

  • 日時 平成28年4月13日(水) 15:00開廷
  • 会場 さいたま地裁101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)
  • 傍聴 傍聴希望の方は、地裁B棟前に14:20までにお越し下さい

報告集会・懇親会

  • 日時 平成28年4月13日(水)第10回期日 終了後
  • 会場 埼玉総合法律事務所 3階 会議室(地裁より徒歩3分)

1月27日の第9回期日では、皆様のおかげで傍聴席がほぼ満席となりました。本当にありがとうございました。

第9回期日では、東電設計(株)が2008年4月に作成した、福島第1原発における15m超の津波高を予測した検討結果を弁護団が入手し、本裁判で証拠提出しました。

「津波は予測不可能だった」と言い張る東電が提出を拒み、これまで公開されていなかった文書です。

この文書をもとに原告弁護団は、震災の3年前に東電側が福島第1原発での15m超の津波と非常用電源等の水没を予測し、「津波対策は不可避」と認識していたにもかかわらず対策を怠ってきたこと。
国も適切に監督権限を行使しなかったことを、厳しく追及しました。

政府や県の福島原発事故「収束」方針を、決して許してはなりません!

2月18日には、福島原発事故で福島県から京都市内に自主避難した家族が、仕事を失った上に精神疾患を発症したとして、東電を相手取った損害賠償請求訴訟で、京都地裁(三木昌之裁判長)は、3,000万円の支払いを東電に命じました。

「自主避難者」に対する東電の賠償責任が認められた初めての判決です。

3月9日には大津地裁が、高浜原発3・4号機について、関西電力に運転停止を命じる仮処分の決定を下し、25日には、四国電力が伊方原発1号機(愛媛県)を廃炉にすると発表。

日本の原発をめぐる状況は確実にに変わりつつあります。

今回も満員の傍聴で原告を応援しましょう。ぜひ傍聴にお運びください。

« »